2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IFO注文方法


IFO注文とは、If Done+One Cancels the Other order の略で
IFD注文とOCO注文を組み合わせたものです。


新規注文と同時に、決済注文を出すことができる、つまり
新規注文が成立したあと、有効となる利益注文と損切れ注文をまとめて出せるのです。

具体的にみてみましょう。

まず新規注文をします。

例えば、現在1ドルが100円のときに、95円まで下がったら買うとします。
95円までレートが下がらなければ、取引が成立しない可能性もありますが、95円になったらオーダーを出さなくても自動的に買えるのです。

次に、利益確定のための決済注文と損失限定の決済注文をだします。

例えば、105円になったら利益確定のために売るとします。
もし、レートが下がって95円になったら損切りのため売りに出す。
このような一連の取引をまとめてできるのです。

IFO注文をするには、為替相場の値動きをきちんと見極めることが重要です。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxkisochishiki.blog120.fc2.com/tb.php/30-645cffd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
FX (2)
リスク (3)
取引業者 (3)
取引の手段 (10)
スワップ (2)
チャート (2)
ファンダメンタルズ (1)
テクニカル分析 (1)
スタイル (1)
レバレッジ (1)
トレンドライン (1)
税金対策 (1)
マージンコール (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。