2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信託保全の重要性


投資者の証拠金の保全を目的としたものに信託保全があります。


信託保全とは

取引業者の資産とは別に管理する方法で、
FXの取引業者は投資者から証拠金を預かりますが、集めた証拠金を第三者機関、信託銀行に管理をさせる
資金保全の方法のことです。

例えば、
万が一取引業者が破綻した場合は、元手金額を保証するものではありませんが、
信託銀行から証拠金を返却してもらえる仕組みです。


一方、分別保管が、金融先物取引法において2005年7月に義務付けられました。

分別保管とは
取引業者の保有の資産とは別に、投資家の証拠金などを管理することです。


信託保全、分別保管は取引業者によって導入具合が違います・

取引業者を選ぶ場合、
安心で信頼のできる業者は、信託保全が整備されている取引業者といえますからチェックが必要です。

チェック方法として
・信託保全を管理する第三者機関があるか
・取引業者破綻時に証拠金を返還してくれる仕組みができているか
・証拠金全額を保全しているか
・円だけではなく外貨の証拠金も保全しているか

このようなチェックをし、取引業者を選ぶ必要があるでしょう。








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxkisochishiki.blog120.fc2.com/tb.php/15-95cfa614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
FX (2)
リスク (3)
取引業者 (3)
取引の手段 (10)
スワップ (2)
チャート (2)
ファンダメンタルズ (1)
テクニカル分析 (1)
スタイル (1)
レバレッジ (1)
トレンドライン (1)
税金対策 (1)
マージンコール (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。