2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップと複利

複利とは、「元本+利子」に対し利子が付きます。

この複利運用は、
FXのスワップで効率よく活用することもできますね。

スワップ金利を複数もつというやり方です。

スワップとは
外貨の2通貨間の金利差のことをスワップと言います。


せっかく長期間かけて利益を得ても、回収できない可能性もあるから
まずは信頼できる、安全性のある取引業者、スワップで福利運用できる取引業者をみつけましょう。

FXで福利運用するときは
新しく得たスワップ金利で次のポジションをたてるために、
スワップが口座に反映されてからでないとできません。


また、実際は
金利口座に反映、売買を確定させなくてもポジションはたてられます。

FXの税金は20%?30%と非常に高くなっています。

このために、目標金額になって決済するまで、税金を払わずに福利運用できるFX口座もありますから、
いろいろと調べてみるのがいいでしょう。







スポンサーサイト

FXの用語、スワップ

FXには特別な用語があります。

例えば、レバレッジやスワップ等ですが、いずれFXを始めるにあたっては毎日耳にする用語です。

「スワップ」についてみてみましょう。

スワップとは
外貨の2通貨間の金利差のことをスワップと言います。

運用上で、金利の高い国の通貨を売り、金利の低い国の通貨を買った場合はその差はマイナスとなり、マイナスのスワップポイントを背負うということになります。

逆に、金利の低い国の通貨を売り、金利の高い国の通貨を買った場合はその差がプラスとなり、プラスのスワップポイントとして、受け取ることができるのです。

日本の通貨でみてみましょう。

日本は超低金利になっています。
他の国の通貨よりは、たいていの場合、金利は低くなっています。
円を売ってドルを買えば、プラスのスワップポイントを得るということになります。
この、スワップポイントを増やして利益を得ることができるのです。

FX初心者は極力マイナスポイントを保有しないようにしたいものです。
スワップポイントは日割り計算で毎日ためることができるのです。

またスワップポイントとレバレッジの関係は、レバレッジを5倍にすれば
、5倍のスワップポイントが獲得できます。


FX業者を選択する場合、金利をよく調べて、各業者がひかくできますから少しでも高い業者を選択するといいのではないでしょうか。




テーマ:デイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | ホーム |  »

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
FX (2)
リスク (3)
取引業者 (3)
取引の手段 (10)
スワップ (2)
チャート (2)
ファンダメンタルズ (1)
テクニカル分析 (1)
スタイル (1)
レバレッジ (1)
トレンドライン (1)
税金対策 (1)
マージンコール (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。