2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスカット

FXでは大きな利益が得られる半面、大きなリスクもかかえています。

リスク管理として、損失を最低限に抑える方法があるのです。
証拠金以上の損失を抑えるのに有効な手段で「マージンコール」「ロスカット」があります。

その一つのロスカットとは・・。

FXは外貨預金とは異なり、レバレッジを使い小額で2倍?100倍以上の大きな資金を取引する事が可能ですが、
レバレッジの倍数が大きくなればなるほどリスクも倍増していきます。

FX業者では「マージンコール」システムを導入して、損失に対し警戒注意報を出すようにしています。

さらに業者が設定する一定の割合まで下回ったときには、損失の拡大を防止する目的で、その時点でのポジションは全て自動的に決済される「ロスカット」というシステムを導入しているのです。

たとえば、米ドルみると

1ドル=100円のときに1万ドルの買い取引をするためには、100万円が必要になります。

資金が無いので、10万円で1万ドルを買いたいとすると、10倍のレバレッジをかけます。
10万円×10倍で100万円分のドル=1万ドルを取引できるようになります。

1ドル=105円になれば、10万円の投資で、5万円の利益を得る事になります。

逆に、1ドル=95円となれば、100万円が95万となるので、手持ちの10万円は5万円となってしまいます。

この時点で、お客様の資産はすでに50%も目減りしてしまったので、
これ以上損失を出させないためにも自動でポジションを決済してしまおうというシステムが「ロスカット」なのです。




スポンサーサイト

マージンコールとは

FXではレバレッジなどを利用して、大きな利益が得られます。
一方レバレッジは、大きなリスクもかかえています。

これらのリスク管理として、損失を最低限に抑える方法があります。

FXの取引業者の多くは安全対策として元金の証拠金がなくなってしまう前に、「マージンコール」「ロスカット」というルールを用いているのですね。

マージンコールとは

取引業者からメールなどで発せられる警告のことで、取引に必要な保証金金額が業者が取り決めた割合いを下回った際に
通知されるシステムです。

マージンコールはあくまでも警告なので、後の判断は全てユーザに委ねられる事になります。

取引のポジションを維持するために追加証拠金を入れるのか、ポジションの一部を決済するか、全てのポジションを決済するのか等の選択がユーザに迫られる事になります。

証拠金が30%で警告が発せられる取引業者の場合を例にとると

証拠金が最初100万円なら、損失が70万円になったら警告が発せられます。
警告を受けたら、
追加で証拠金を入金して担保を増やすか、その時点で確定して取引を終了しなければなりません。







«  | ホーム |  »

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
FX (2)
リスク (3)
取引業者 (3)
取引の手段 (10)
スワップ (2)
チャート (2)
ファンダメンタルズ (1)
テクニカル分析 (1)
スタイル (1)
レバレッジ (1)
トレンドライン (1)
税金対策 (1)
マージンコール (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。